その他の投資とエスタを比較

その他の投資とエスタを比較

私は今回のエスタが初の資産形成となります。

なので正直なところ、他の投資についての知識はありません。

ないからこそ、他の投資について気になるところがあります。

その他の投資と比べて、エスタはどのような違いがあるのかを調べることにしました。

「ESTA」公式HPで
最新資産形成術を手にする!

一般的な投資について

調べてみると、想像以上に種類があることに驚きました。

こんなにもさまざまな投資があると、初心者にはどこがいいのかわからないでしょう。

皆さんはどこまで投資の種類を知っていますか?

投資の種類について

投資は銀行で扱っているものと、そうでないものに分かれます。

銀行で取り扱っている投資をまずはまとめました。

投資信託

→資産運用の専門家にお金を託して資産運用してもらう方法です。

分散投資などする人には向いていますが、専門投資家に任せると言えども、知識がないと運用は難しいでしょう。

外貨預金

→円ではなく外貨で行う預金です。

日本の預金同様、預金に対して利息が付与されます。

引き出す時は円に換金して引き出すので、為替変動の影響を受けます。

国債

→国が資金調達のために発行する債券のことをいいます。

債権とは借入証書の役割をしますので、定期的に利子が支払われます。

REIT(不動産投資信託)

→言葉の通り、不動産の投資信託になります。

投資した不動産の家賃収入や不動産の売買益が配当されます。

この辺りが銀行が取り扱う金融商品になります。

銀行以外が取り扱っている投資

銀行で取り扱っている投資であれば誰もが安心できるかもしれません。

次に銀行以外が取り扱っている投資についてまとめてみました。

株式

→企業が発行する株式を売買して、その差額で利益を得る方法です。

株価は常に変動しているので、ある程度知識がなければ運用は難しいでしょう。

FX(外国為替証拠金取引)

→外貨を売買して、その差額で利益を得る方法です。

レバレッジをかけることで、手持ち以上の金額で取引することができますが、その時に失敗してしまうと損失も大きくなってしまうので注意が必要です。

暗号資産(仮想通貨)

→インターネット上で取引される通貨で取引する方法です。

さまざまな問題があった為、法改正により以前よりも安全にはなりましたが、補償があるわけではないので何かトラブルがあってもお金が戻ってくることはありません。

ETF(上場投資信託)

→証券取引所に上場しているもので売買取引をする方法です。

上場しているものだけになるので、一般的な投資信託よりも種類が少なくなっています。

不動産投資

→利益を期待して土地や物件に投資する方法です。

憧れの家賃収入もこれに属します。

けれど最初にかかる購入資金が莫大になるので。初心者にはハードルがとても高いものだと言われています。

個人向け社債

→国債の企業バージョンと考えてもらえればわかりやすいかと思います。

株式と似ているものですが、大きな違いとしては「企業に返済義務がある」という点でしょう。

金(きん)

→金は世界共通の価値で扱われる投資資産です。

金は世界情勢の変化にも強い為、安全資産とも言われています。

埋蔵量に限りがあるので、歴史上で無価値になったことがないくらい安全な資産だと思います。

と、こんなにも種類が豊富です。

エスタと比較すると

銀行が取り扱っているものは比較的暴落などの危険はありませんが、その分利益も低くなっています。

逆に銀行以外が取り扱っているものは、利益が高い分リスクもあります。

その間を取ったのがエスタのように感じます。

危険などリスクはないけれど利益が高く、そしてここのどれよりも楽なのではないかと思います。

なので一番安全に稼げるのは、エスタなのではないかと改めて思いました。

「ESTA」公式HPで
最新資産形成術を手にする!
TOPページを見る